×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームだねっと

住宅ローンの返済方式には、元利均等返済方式と元金均等返済方式があり、返済総額が異なる。

カスタム検索
         | ホーム | サイトマップ |  



住宅ローン(マイホームローン)の返済方式


住宅ローンの借入をする際には、住宅ローンの返済方式についても十分に検討必要があります。
住宅ローンは返済方法によって、返済総額や月々の生活に大きく違いがでてきますので、慎重に選ぶ必要があります。

大きく分けると住宅ローンには、元利均等返済方式と元金均等返済方式の2つがあります。

●返済方式の比較

元利均等返済方式 元金均等方式

毎回の返済額(元金と利息の合計)が同じ金額になる 月々決まった元金に、利息を加えた額を返済する方式



毎月の支払額が一定のため、返済計画が立てやすく、利用者の多くがこのタイプを利用。 ローン残高が確実に減り、トータルで支払う利息が少ない




元金部分の返済ペースが遅く、支払い利息総額が多くなり返済総額が増える。 借り入れ当初の返済額が多く、元利均等に比べ借入限度額が少なくなる。



このように両者を比べると、元金均等返済方式は、毎回同じ金額ずつ元金が減っていくので、元利均等返済方式よりも支払利息の総額は少なくてすみます。
しかしながら、元金均等返済方式は返済当初の負担が多いために返済計画に無理が生じる可能性があります。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、返済終了までを見据えたライフプランなどを考慮してマイホームローンの返済方法を選びましょう。
ローンの取扱機関          金利の種類







This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2005 Katsudon right reserved.