×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームだねっと

新築時、マイホームの火災保険、地震保険を各社で検討、見積もりし住宅の諸経費の節約

カスタム検索
          | ホーム | サイトマップ |  

HOME
コスト節約方法
イニシャルコストの節約
プランニング
建築材料
間取り
住宅設備
ランニングコストの節約
プランニング
オール電化
建築材料
住宅設備
諸経費の節約
不動産登記
火災保険
引越し
減税・補助金で節約
贈与税の課税
補助金・助成金
住宅ローン減税
その他の節約
生命保険


火災保険を節約する


●火災保険とは

火災保険とは、住宅の火災に対して建物や家財の損害を補償する保険です。火災以外にも、契約によって地震や落雷、台風、雪などに対する保険が付属するものもあります。

●地震保険について

火災保険では地震や地震に伴う火災等による損害には保険金が支払われません。そのため、火災保険に加えて地震保険にも入る必要が出てきます。
少しでも安心を得るためにも地震保険への加入はぜひ検討しておきたいものです。

●住宅ローンと火災保険

住宅ローンを組むと火災保険に加入することが条件となる場合がほとんどです。これは加入した火災保険に質権を設定し、万が一の場合に住宅ローンへ補填するためです。
そのため火災保険で設定した保険金額によっては、火災後に保険金は全て金融機関に払われてもローンが残ることもあります。
火災保険に家財の契約を盛り込むなど、自分で火災保険の金額や補償を検討しながらいろんな特約をつけて、リスクを守るべきです。

●火災保険のポイント

火災保険に加入するときに最も注意するべき点は、適性な保険金額を設定することです。また火災が発生した際に、保険金で家を建て直すことが出来なければ意味がありません。
保険の金額を時価額にすると、経過年数分の消耗によって建物や家財の価値が下がり、その分の金額が差し引かれます。
価額協定保険特約をつけた契約にすることで、もし建物が全焼した場合でも同等の建物を保険金で建て直すことが出来ます。

●火災保険の加入前には

最近では各社が独自の商品を販売し、必要に応じて補償内容を充実させて、必要に応じて保険を組み立てることが出来るようになっています。保険会社によっては、長期一括払い割引やオール電化割引などがあり、また水害保険金を不担保にすることでかなりの割引にすることも出来ます。
30年間で計算すると数十万円の違いになることもあり、かなりのコストダウンになり、コスト節約に繋がります。自分にあった契約内容で、各保険会社から見積もりを取りましょう。

ちなみに我が家では以下の順番で安かったですが、住宅の構造や耐火性の違いで変わりますのであくまで参考です。
AIU火災保険
セコム損害保険株式会社
あいおい損害保険株式会社

最終的には、一番安くてカスタマイズが出来るAIU火災保険に決めました。
不動産登記          引越し







This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2005 Katsudon right reserved.