×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームだねっと

新築・リフォームなどマイホームの住宅設備選び方 - 防犯設備

カスタム検索
         | ホーム | サイトマップ |  

HOME
住宅設備選び
キッチン
浴室
給湯機器
洗面所
トイレ
照明・あかり
スイッチ・コンセント
マルチメディア
冷暖房
防犯・防災
防犯の基礎知識
侵入犯について
防犯設備
防災の基礎知識
防災設備
カーテン・ブラインド
太陽光発電

防犯設備


安心できるくらしを守るために、ぜひ知っておきたいのが防犯対策。
防犯対策において重要なのは「音」、「光」、「人の目」です。これらを上手に取り入れ、泥棒から狙われにくい防犯環境を整えることが有効です。
最近では手軽に利用できる簡単な防犯対策商品なども登場しており、防犯に有効なセキュリティーアイテムをチェックして、 あなた自身や大切な人を守るために必要なことは何かを検討しましょう。

●ワンドア・ツーロックが基本

玄関や勝手口の防犯対策の基本が「ワンドア・ツーロック」です。
2点式ダブルロックを玄関ドアや勝手口ドアに使用していれば、ピッキング等の不正解錠にかかる時間も2倍になります。
玄関や勝手口の防犯性を高めるには非常に効果的な防犯対策といえます。

●高性能の錠の採用

高性能で信頼度の高い鍵の使用も、侵入阻止に有効です。
防犯性の高い鍵としてディンブルキー、FBロック、鍵を使わない施解錠システムとして、テンキーやカード、指紋照合など様々なシステムが現在あります。
脱着式のサムターン(室内側からドアを施・解錠する時にまわすつまみ)を選ぶことができるメーカーもあります。ドアについているガラスを割られて手を差し込まれても、サムターンが付いていないため解錠できない仕組みになっています。

●防犯性の高いガラス

侵入盗によるガラス破りの被害を防ぐには破壊に強いガラスを用いることが大切になってきます。
通常のガラスと同様に、強化ガラスや網入りガラスなども防犯性はありません。
また、保温を目的とした複層ガラス(2枚のガラスの間に空気層を設けたもの)も1枚ガラスよりは破壊が困難なものの、防犯性能を満足するものではありません。
一方、防犯ガラスは、ガラスの間にフィルムを挟んだ構造になっており、厚さにもよりますが、ガラス破りに対してかなりの効果があります。

●クレセントだけでなく補助錠も

クレセントを狙ってガラスを破るのですから、他の場所に補助錠を取り付ければ、ガラス破りの範囲が広がることとなり、侵入に手間取ることとなります。
クレセントは部屋の気密性を高めるのが目的で、錠ではありません。1階の掃き出し窓など、侵入されやすいと思われる箇所には必ず補助錠や鍵付きクレセントを設置しましょう。この補助錠には鍵付きのものと、鍵なしのものとがあります。一般的に最近のサッシはサブロックを標準装備してあります。

●死角となる窓には面格子

面格子があるとガラスを破りにくく、かなり手間取るので侵入犯に破る気を起こさせない効果があります。
格子自体は、木製・アルミ製・鉄製・ステンレス製の順に強固になります。
最近では、取り付けネジを外されないように工夫された商品やサッシと一体型の面格子も出ています。
窓の内側にパイプを設けたり、室内側に取り付ける室内面格子を設置するという方法もあります。特にルーバー窓はルーバー部分のガラスが破壊されやすいので、面格子を取り付けるようにしましょう。

●シャッターも防犯性能の高いものに

シャッターは降ろしきれば自動的に施錠される自動ロックを採用しているものが現在主流です。窓シャッターの防犯性能も高まっており、災害安全性と同時に防犯性も高めます。こじ開けにくい構造のシャッターや小さな窓にも設置できるシャッター、サッシ一体型のシャッターもあります。
また、窓の開放と防犯の両面を考えたブラインドシャッターは、下まで降ろし防犯対策をはかりつつ、ルーバーの角度を調節することで自然の風通しを得られることができます。

●センサーの設置で侵入者を威嚇

人に見られることを嫌う泥棒は、犯行現場が照明で照らされているようなところは避ける傾向があります。人感センサや防犯灯の設置で夜間、人が近づくのを感知して自動的に点灯、消灯する人感センサや防犯灯も、侵入阻止に有効で玄関、勝手口をはじめ庭、軒下、車庫などの防犯に適しています。
そのほか、センサーによって、家中の施錠状態や開閉状態が確認できるシステムもでています。

●警報ブザーの設置で侵入者を威嚇

音を嫌う泥棒への対策に、音を出すものを利用することも有効です。ガラスを割るときの振動をキャッチして警報を鳴らすセンサーや、窓を開けたときに警報を鳴らすセンサーを取り付けると、かなりの効果が期待できます。
玄関ドアの電気錠に警報ブザー機能のあるものなどもあります。

●録画で威圧感を与える

犯人に対して記録しているといった威圧感を与える効果があり、存在するだけで犯行への抑止力になります。
犯罪の抑止効果のある防犯カメラや撮影機、録画・録音機能付きのセンサーライト、留守中の来客者を録画し、後で確認できたり、不審な来客を録画できる録画機能が付いたインターホンもあります。
泥棒の約半分が「インターホンで留守を確認する」ことを考えると、効果的な機能と言えます。

●CPマーク「防犯性能の高い建物部品」

CPマークは各製品別に官民合同会議で定められた試験に合格したことを示すものです。
「侵入までに5分以上の時間を要する」など一定の防犯性能があると評価されたものを、「防犯性能の高い建物部品」(略称「防犯建物部品」)として公表しています。公表された部品は、「CPマーク」を表示することができます。






This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2005 Katsudon right reserved.