×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームだねっと

新築・リフォームなどマイホームの住宅設備選び方 - 窓装飾の種類

カスタム検索
         | ホーム | サイトマップ |  

HOME
住宅設備選び
キッチン
浴室
給湯機器
洗面所
トイレ
照明・あかり
スイッチ・コンセント
マルチメディア
冷暖房
防犯・防災
カーテン・ブラインド
窓装飾の種類
カーテン
ローマンシェード
ブラインド
ロールスクリーン
プリーツスクリーン
太陽光発電

窓装飾の種類


カーテンやブラインドなど、外光の調節及び窓周りの装飾を施すことを「ウィンドウトリートメント(窓装飾)」と言います。
カーテンやブラインドなどは広い面積を占めるだけに、インテリアの雰囲気をがらっと変える重要なアイテムなので、部屋全体の調和を考えたカーテン選びが大切になってきます。
また、部屋の用途・位置に応じて遮光や保温などの機能性についても大切な要素といえます。

●カーテンなど窓装飾の役割

装飾効果 部屋を美しく飾り、くつろいだ雰囲気を演出します。
カーテンの種類や生地・色・柄・吊り方などによって、部屋のインテリアをコーディネートできます。
視線の調節 窓の外からの視線を遮り、プライバシーを守る役割があります。
昼は外の光を程よく取り入れながら外からの視線を遮り、夜はカーテンを閉じることでプライバシーを守るなどの役割をはたします。
調光・遮光 光を遮ったり、外から入ってくる光の量をコントロールし光の強弱や量が調節します 。遮光カーテンを用いると外光を遮断することができます。
防音・吸音 窓の外の音をさえぎり、また室内の大きな音を外に漏れにくくします
より吸音効果を高めるには、カーテンの生地を厚くして、プリーツをたくさん取ることと、天井から床まで出きるだけ壁を覆うようにするとより効果があがります。
遮熱・断熱・保温 遮熱とは輻射熱をさえぎることで、断熱とは熱伝導を絶つことを言います。
夏は直射日光を和らげ、外からの熱気を防ぎ、冬は内部の温かさを保ち、室内の温度変化が小さくなり省エネになります。
これ以外にも、防炎や消臭、防臭・抗菌機能があるものもあります。


●カーテンなど窓装飾の種類

カーテン
窓に取り付けられる吊り下げる布で、左右に開閉するタイプです。
一定の規格で作られたリーズナブルな「既製カーテン」と豊富なバリエーションが魅力の「オーダ−カーテン」に分けられます。1つの窓に、透視性のある布地(レースカーテン)と厚地の布地(ドレープカーテン)を2重吊りするのが一般的です。サイズや、色・柄、素材の種類が豊富で、引き違い窓や掃き出し窓、出入りが多い場所に適しています。

ローマンシェード
カーテンが左右に開閉されるのに対し、コードなどの昇降装置を操作することによって布を上から下ろして閉じるタイプです。
布をすべて引き上げたときのスタイルによって、プレーンシェード、バルーンシェード、シャープシェードなどがあります。
最近は、生地を2枚取り付けられるダブルシェードや、2種類のスタイルが楽しめるデュアルシェードもあり、電動開閉式もお勧めです。

ブラインド
羽根を回転させることで採光を自由に調節でき、窓からの光を優しくコントロールできるのが特徴です。大きく分けると縦型と横型があり、色や種類、材質なども豊富でどのような部屋にも合わせることができます。
部屋の雰囲気をすっきりとシンプルに演出するとともに、遮光効果も高く、その上採光と通風を確保しながらプライバシーがはかれるというメリットがあります。
素朴で暖かく居心地のいい雰囲気を作る木製ブラインドが人気です。

ロールスクリーン
1枚の布を巻き上げて上下に開閉するタイプで、巻取り方式には、プルコード式とチェーン式があります。ロールブラインド、ロールシェードともいわれ、部屋をカジュアルかつシンプルに演出します。
開閉の手軽さから、部屋の空間をあいまいに仕切るのにもとても便利です。価格も手頃で、生地をはずして洗えるものや、浴室に使えるタイプもあります。

プリーツスクリーン
スクリーンにプリーツ加工(ヒダ加工)した布などを上下に昇降させて開閉するタイプです。ロールスクリーンが引き下げたときに平面になるのに対し、プリーツスクリーンにはギザギザのヒダが入ります。スクリーンを引き上げると、そのヒダがたたまれるように下から上がっていきます。
ちょうどブラインドとロールスクリーンの中間のようなイメージで、遮光・採光を自在に操れます。和風からモダンまで、幅広いコーディネートに対応でき、やわらかい光と陰影を演出することができます。






This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2005 Katsudon right reserved.