×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームだねっと

新築・リフォームなどマイホームの住宅設備選び方 - ローマンシェード

カスタム検索
         | ホーム | サイトマップ |  

HOME
住宅設備選び
キッチン
浴室
給湯機器
洗面所
トイレ
照明・あかり
スイッチ・コンセント
マルチメディア
冷暖房
防犯・防災
カーテン・ブラインド
窓装飾の種類
カーテン
ローマンシェード
ブラインド
ロールスクリーン
プリーツスクリーン
太陽光発電

ローマンシェード


●ローマンシェードとは

カーテンが左右に開閉されるのに対し、コードなどの昇降装置を操作することによって布を上から下ろして閉じるタイプです。
スタイルによって、腰窓や小さな窓から比較的大きな窓まで違和感なく使用でき、装飾性も高いことから近年非常に人気が高まっています。
布をすべて引き上げたときのスタイルによって、プレーンシェード、バルーンシェード、シャープシェードなどがあります。

●ローマンシェードの生地

特に厚いものをのぞけばカーテンと同様の生地をほぼ自由に使用できます。
そのため、バリエーションは多彩で装飾性も高く、また、カーテンとのコーディネートもしやすくなっています。

●ローマンシェードのスタイル

一口にシェードといってもシンプルなプレーンスタイルからゴージャスなオーストリアンスタイルまで、様々なスタイルがあります。

プレーンシェード
フラットな布面が一定のヒダを作りながら、たたみ上げるスタイルです。シンプルさと比較的安価なことから、人気急上昇中のスタイルです。
自然なたたみあがりが特徴で、生地がフラットな状態で窓を覆うのでナチュラルな風合いを楽しむことができます。窓の大きさや部屋を撰ばず、ご使用いただけます。

シャープシェード
プレーンシェードに似たようなスタイルですが、生地の中に横方向にバーが入っているタイプです。
バーが入っているのでシワが発生せずシャープなたたみ上がりで、スタイリッシュな雰囲気を表現出来ます。厚手の生地でも割ときれいに仕上がるシェードです。

ファンシェード(ピーコックシェード)
シェードを上げると裾が孔雀の羽のように半円状になるスタイルです。
全体を降ろすとプレーンシェードの用に平面になり、窓を全て覆うことができます。

バルーンシェード
シェードの裾の部分に風船のようにふっくらとした丸みを持たせたスタイルです。
全体を降ろすと普通のヒダ付きカーテンのように見えます。出窓などによく使用され、ヒダやギャザートップのスタイルが多彩で表情が豊かなのが特徴です。

オーストリアシェード
全体に細かいタックを付けた優雅なスタイルです。
丈も幅もある大きな窓につけると豪華な印象を出せるので、ホテルやホールなどのロビー廻りにも使用されます。シェードの中ではいちばん縫製費用も生地もたくさん必要です。

ツインシェード(ダブルシェード)
2枚の生地を取り付けられるように昇降装置を改良したローマンシェードです。
通常のカーテン同様に厚手のドレープと薄手のレースを2重に吊ることで、調光・遮蔽性を持たせることができ、2台のシェードを使うより、コンパクトで安価になります。

ソフトシェード(ムースシェード)
裾の形はそのままに中心に集まりながらあがっていく形がとてもかわいいタイプです。
全体を降ろすとカーテンのようなスタイルになり、ちょっとした小窓を演出するのにぴったりなスタイルです。

●推奨スタイル一覧

推奨スタイル 小  窓 腰  窓 掃出し窓 出  窓 大 型 窓
 プレーンシェード
 シャープシェード  
 ファンシェード      
 バルーンシェード  
 オーストリアンシェード    
 ツインシェード  
(資料提供:株式会社サンゲツ)

●ローマンシェードの操作方法

ローマンシェードは、生地を取り付けた昇降装置を操作して上下に開閉します。
この昇降装置には、基本的に2つの種類があります。
コード式 シェードの下部までつながるコードを、直接引っ張ることで引きあがるシステムです。任意の位置でストッパーをかけると止まり、解除すれば自重でまた下がりはじめます。簡単な仕組みなので非常に安価で、腰窓や小窓に最適です。
ボールチェーン式
(ドラム式)
シェード上部中央に設置されたドラムで、コードを巻き取るように引っ張ります。均等に引っ張ることができ、スムーズな昇降が可能です。 重いシェードでも軽い操作でゆっくりと昇降できるので、比較的大きな窓に最適です。
電動式 構造はドラム式と同じですが、小型モーターを内蔵し、離れた場所からリモコンで操作しシェードを上下させるタイプです。






This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2005 Katsudon right reserved.