×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームだねっと

マイホームの住宅設備選び方 - キッチンのレイアウトはI型、II型、L型、U型、アイランド型、ぺニンシュラ型など

カスタム検索
         | ホーム | サイトマップ |  

HOME
住宅設備選び
キッチン
キッチンスタイル
キッチンレイアウト
キッチンの材質
キッチンの設備
浴室
給湯機器
洗面所
トイレ
照明・あかり
スイッチ・コンセント
マルチメディア
冷暖房
防犯・防災
カーテン・ブラインド
太陽光発電

キッチンのレイアウト


●作業動線

作業動線とは、家の中での人の動きを追ったもので、使いやすい間取りでは動線はスムーズに流れます。そのため、キッチンレイアウトによって作業動線が大きく変わります。
作業のポイントとなるシンク、コンロ、冷蔵庫の3つを結ぶ作業動線がバランスの取れた距離で配置されていると作業効率があがります。
出来るだけ短く、そして複雑な作業動線を作らないように注意しましょう。

●キッチンレイアウトの種類

最もポピュラーなシステムキッチンスタイルの基本と言えば、I型やL字です。
キッチンのレイアウトには主にI型、II型、L型、U型、アイランド型、ぺニンシュラ型などがあります。
T型 壁面に1列に並べたレイアウト。最も一般的な形状なので値段も安く、種類も豊富でコンパクトなキッチン向け。
ダイニングに背を向けるためコミュニケーションはとりにくくなります。
作業動線は直線でシンプルですが、長すぎると効率が悪くなるので、幅は最大でも350cm程度に。
U型 2列並行のレイアウト。オープンまたはセミオープンの対面キッチンもこの型です。
I型よりも作業動線が短いので効率よく作業できる反面、振り返り動作が増えます。
コンパクトなスペースでも、作業面積・収納面積を比較的多くとれる形です。
L型 I型キッチンの次に一般的な形状です。
規格品がある分、値段もそれほど高くありません。
I型よりも動きやすく機能的、身体の動きを90°変えるだけなので作業も楽です。
キッチンの部屋面積はある程度必要になります。
U型 最も独立型に適したデザイン。
値段的に高めになりますが、作業効率や収納力を考えたときに優れている形状です。
それだけに設置スペースはより広く必要となります。
L型よりもさらにコーナー部分がふえるので、デッドスペースに注意。
アイランド型 I型やL型キッチンと組み合わせて、一部を島のように中央に独立させてた型。
ダイニングと一体的に計画し、広々としたキッチンになります。
にぎやかな料理を楽しみたい家庭向きですが、こまめに片付けないと目立ちます。
ぺニンシュラ型 L型やU型の一部がに突き出した形状です。突き出した部分を対面式にすることが多いようです。
設計の自由度が大きいので個性的なキッチンが造れますが、LDに接していることが多いので、リビングからの視線を考慮することが大切です。






This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2005 Katsudon right reserved.