×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームだねっと

新築・リフォームなどマイホームの住宅設備選び方 - インターネット接続の基礎知識

カスタム検索
         | ホーム | サイトマップ |  

HOME
住宅設備選び
キッチン
浴室
給湯機器
洗面所
トイレ
照明・あかり
スイッチ・コンセント
マルチメディア
住宅情報化配線
インターネット接続
テレビ放送の形態
テレビ放送の種類
電話回線
ホームシアター
冷暖房
防犯・防災
カーテン・ブラインド
太陽光発電

インターネット接続


情報化に伴いインターネット利用者は増え、インターネットが私達の生活に欠かせないものになりました。そこで、インターネットを利用するときに、インターネット接続サービスを提供してくれるプロバイダーが必要になってきます。インターネットに接続する上で必要な基礎知識を身に付けましょう!

●インターネットの接続方法

接続方法には、ダイヤルアップ接続やISDNのナロードバンド接続と、ADSLやCATV、FTTHのブロードバンド接続があります。
最近はブロードバンド接続が主流で、ADSLたFTTH(光ファイバー)の利用者が増えています。
情報通信総合研究所での調査結果によると、自宅での利用回線のうち、約8割がブロードバンド接続を利用していいます。
また、地域にCATV(ケーブルテレビ)会社があれば、テレビアンテナ設置の有無を含め、そのインターネット接続サービスも検討するとよいでしょう。
【2005年 インターネット利用回線】

(データ:情報通信総合研究所調べ)

●ブロードバンド接続の比較

ブロードバンド接続は速度、料金、サービス地域、工事内容や必要となる機器も異なり、それぞれ一長一短があります。特徴を比較検討する上で参考にしてください。
ADSL CATV FTTH
通信速度
(単位bps)
1〜約50M 1M〜約100M 100M
初期費用 数千円程度
(キャンペーン等で無料に)
1〜3万円程度
(キャンペーン等で無料に)
2〜3万円程度
(キャンペーン等で無料に)
月額料金 約2,000〜4,000円 約3,000〜6,000円 約4,000〜6,000円
宅外線 電話線 同軸ケーブル 光ファイバー
信号変換
装置
スプリッタ+
ADSLモデム
ケーブルモデム ONUまたは
メディアコンバータ
主な
プロバイダー
※プロバイダーによって、キャンペーンなどで工事費や初期費用、数ヶ月分の月額料金が無料の場合もある。

メリット デメリット
ADSL ・大規模な工事が不要で導入が簡単
・サービス提供エリアが広い
・月額料金、初期費用が安い
・電話局からの距離が遠いと遅くなる
・ISDNの場合、アナログ回線に戻す必要がある
・自宅までの回線の一部が光ファイバー化されていると利用不可の場合あり
CATV ・同軸ケーブルで安定した通信
・アンテナ不要で地上波、BS、CS、FMなどが視聴できる。
・多チャンネルのテレビも同時に楽しめ、利用料が割引される場合もある
・利用できるサービスエリアが限定
・引き込み工事の手間がある
・初期費用が高めの業者が多い
FTTH ・現在のブロードバンドでは最速
・信号の劣化が少なく、安定した通信
・下りと上り速度が同じスピードで速い
・引き込み工事が大規模
・月額料金、初期費用が高め
・サービス提供エリアが狭い





This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2005〜 Katsudon right reserved.