×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームだねっと

新築・リフォームなどマイホームの住宅設備選び方 - テレビ放送の形態基礎知識

カスタム検索
         | ホーム | サイトマップ |  

HOME
住宅設備選び
キッチン
浴室
給湯機器
洗面所
トイレ
照明・あかり
スイッチ・コンセント
マルチメディア
住宅情報化配線
インターネット接続
テレビ放送の形態
テレビ放送の種類
電話回線
ホームシアター
冷暖房
防犯・防災
カーテン・ブラインド
太陽光発電

テレビ放送の形態


住宅の情報化を考える上でインターネットや電話と共に重要なメディアはテレビ放送です。
地上デジタル放送の開始はもちろん、衛星デジタルTVやケーブルTVをどうするかは新築の際にぜひ検討が必要です。
インターネットとの絡みで配線もアンテナも変わってきますし、初期費用も違ってきます。
また、電波障害の有無、ケーブルテレビ等の有線系など、敷地周辺の映像通信の環境がどうなっているのかも把握しておかなければなりません。

●テレビ放送の形態

地上から電波を送信する地上波放送(VHF,UHF)、赤道上に打ち上げられた衛星を経由して電波を送信する衛星放送(BS、CS)、有線で番組を送信するケーブルテレビ(CATV)の、大きく3つに分けることができます。
また、今後はすべての放送のデジタル化が計画されています。
放送はデジタル化することによって飛躍的に利用できるチャンネル数がふえ、テレビも多チャンネル時代を迎えています。

(資料提供:宮崎県産業支援財団)

●放送のデジタル化

地上波放送のデジタル化にともない様々な多重放送が行われ、高品質化、多チャンネル化、高画質化、双方向サービスがあり、私たちの生活に大きな影響を及ぼすものと考えられます。
電話回線を利用したショッピングやチケット予約など、各種情報サービスやデータを提供する双方向サービスなどの新たな活用方法が広がるものと見られます。
このためにはチューナーを電話回線に接続する必要があり、映像の出力端子の側に必ず電話端子を装備されるようおすすめします。
BSデジタル放送・CS放送で双方向データ通信や有料番組(ペイ・パー・ビュー)を視聴するにも、チューナーを電話回線に接続する必要があります。
また、最近のテレビやDVDレコーダにはLAN端子が付いており、電力、映像、通信が一体となった情報用コンセント(マルチメディアコンセント)が便利でしょう。

●地上デジタルテレビ放送の特徴

特徴 内容
高画質・高音質 従来のアナログ放送と比べ、大容量方式の情報を送信でき、かつ、送信による劣化を防ぐことができるため、ハイビジョンを用いたより鮮明で臨場感ある画像、CDなみのより美しい音声が実現できる。
多チャンネル化 放送のデジタル化により、各放送局は1局当たり複数の番組を同時に放送することが技術的にはできるようになり、利用者の興味・関心に合わせた様々な番組が視聴できるようになることも期待される。
双方向サービス 番組ソフトの充実によりテレビに電話線をつないで、家庭からクイズ番組やアンケートに参加したり、テレビショッピング、銀行振込など、テレビを通じて便利なサービスが楽しめます。
データ放送 テレビ電波の隙間を利用してホームページのデータなど色々な情報をテレビのリモコン操作ひとつで画面に表示させることができるサービス。
テレビ画面上の番組案内(EPG電子プログラム)からリモコンを使って、好きな番組を選ぶことができる。
また、テレビ番組とは関係なく見たいときに交通情報や天気予報、お料理のレシピなどくらしに役立つ最新情報など多角的な情報を得ることができるようになる。







This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2005 Katsudon right reserved.