×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイホームだねっと

新築・リフォームなどマイホームの住宅設備選び方 - 照明の基礎知識

カスタム検索
         | ホーム | サイトマップ |  

HOME
住宅設備選び
キッチン
浴室
給湯機器
洗面所
トイレ
照明・あかり
スイッチ・コンセント
スイッチの基礎知識
スイッチの種類
電気の基礎知識
コンセント基礎知識
コンセントの種類
マルチメディア
冷暖房
防犯・防災
カーテン・ブラインド
太陽光発電

コンセントの種類


コンセントの種類にも様々なものがあります、用途や取付け場所に応じてコンセントを選びましょう。

●ダブルコンセント

ポピュラーな2コ口の100V用コンセントです。
他にも1コ口や3コ口もあります。
1部屋に3個のコンセントをめやすに設置しましょう。

●抜け止め式ダブルコンセント

コンセントはプラグを左に回して引っ張らないと抜けない構造になっています。
パソコンやAV機器など抜けては困るコンセントに設置します。

●アース付コンセント

高ワットの電気機器にはアース付コンセントが必要です。
洗濯機や電子レンジ、食器洗浄機など水を使う場所には、アースターミナル付接地コンセントを設置します。

●15A・20Aアースターミナル接地コンセント(250W)

パワフルな機器の専用コンセントです。
電磁調理器やエアコンなど消費電力が1000Wを越える電気機器が家庭内に増えています。これらの機器を安全に、快適に、そして効果的に使うためにおすすめの高容量コンセントです。

●マグネット式コンセント

磁石式のコンセントです。
アイロンのコードなどに足が引っ掛けてもポロリと外れるから安心、差し込むのもラクです。
お年寄りや子供が転ぶのを防止し、ケガから守ります。

●マルチメディアコンセント

マルチメディアをたっぷり楽しむために、電源、通信、情報がひとつになったコンセントです。
ブロードバンドもデジタル放送などを楽しむ各部屋に設置します。

●アップコンセント(フロアコンセント)

床面下のボックスに取り付け、床面上で使用するコンセントです。
コンセントを使わないときは、フタを閉めて床とフラットな状態になります。
ダイニングテーブルの下などに設置すると、鍋料理やホットプレートを使うときだけ使用できます。

●防水コンセント

水が浸入しないようにしてあるコンセントで、庭先やベランダなどの屋外で使用します。
ライトアップ用の照明や生ゴミ処理機など、バルコニーで電気製品を使いたい箇所に設置します。






This site is written by Japanese.  /  Copyright © 2005 Katsudon right reserved.